スプリンターズS予想

スプリンターズS予想に関する情報(攻略、予想等)を集めています。

新着記事

By

スプリンターズSはロードカナロアの連覇。次走で引退へ

スプリンターズS

1着 ロードカナロア
2着 ハクサンムーン
3着 マヤノリュウジン

単勝オッズ1.3倍と圧倒的な支持をされたロードカナロアが貫禄の勝利。高松宮記念、安田記念に続いて今年G1、3勝目。昨年のスプリンターズSから1200のG1は三連勝となりました。
この成績は近年のスプリンターとしては最高レベルで、時代が違う馬を安易に比較はできませんが、スプリンターの代名詞でもあるようなサクラバクシンオーや、マイルも含めればタイキシャトルとも肩を並べるところまできています。

今後はマイルCSか香港スプリントあるいはマイルで引退という事のようですね。
勝利で引退を飾ってほしいのはもちろんですが、それよりもまずは無事に種牡馬入りしてもらいたいです。
サンデーサイレンスの血が入っていませんし、サクラバクシンオー亡き後のスプリント種牡馬の代表となっていくのか、種牡馬としては距離の融通が効くようになるのか、そもそも成功するのかもやってみなければ分かりませんが、種牡馬としても非常に楽しみな存在です。

2着に敗れたハクサンムーンですが、今回はスタートが決まり、心配された先行争いを完全に制する形になりペースは速いものの自分のレースができました。
本当に今年のこの馬の成長は著しく、中山1200でこのレースが出来るのならば、ロードカナロアが抜けた後のスプリント戦線はやはりこの馬が中心になっていきそうですね。
絶対的なスピード能力の高さも見せつけましたし、まだ成長するようなら手がつけられない存在になりそうです。
ロードカナロアとはタイプが違う、これでもかとスピードを見せつけるタイプの絶対的なスプリンターも見てみたいですね。

3着マヤノリュウジンは15番人気の低評価ながらいい競馬を見せました。
枠順含め位置取りや展開がかなりうまくいった分はあると思いますが、ハイペースで最後がきつい流れになった時にひと踏ん張りが効くようなイメージでしょうか。
そういうタイプはなかなか勝ち切れない事も多いですが、この馬は今後の重賞戦線でどういう競馬を見せてくれるのでしょうか。6歳ですがキャリアからはまだまだ面白そうですね。

By

スプリンターズS枠順確定。ロードカナロアは5枠10番の絶好枠

スプリンターズSの枠順が決まり、ロードカナロアが5枠10番、ハクサンムーンは4枠7番と人気が予想される2頭は真ん中の枠からという事になりました。

気になる展開ですがフォーエバーマークが1枠2番と逃げるには絶好の枠順となり、逃げ宣言をしている事からも思い切って行く可能性がだいぶ高くなりましたね。
対するハクサンムーンは悪い枠ではないですが、行こうとするフォーエバーマークの外からハナに立つ形だと、かなり速いペースになってしまいそうです。
また、隣の4枠8番にパドトロワが入った事で、ハクサンムーンが前走のようにちょっとゲートが悪いとパドトロワに前をカットされる展開まで考えられます。ハクサンムーンと酒井騎手としては相当神経を使うスタートになるのではないでしょうか。

ただ先行争いで一番速いのはやはりハクサンムーンになりますし、フォーエバーマークも無理に競れば潰れてしまうのは分かっているはずなので、スタートに問題がなければハクサンムーンがあっさり先手という可能性も残ります。
高松宮記念も逃げ馬が揃いましたがハクサンムーンがハナを主張すると、他馬は大人しく控える形となり、ハクサンムーンのペースでレースは進みました。

人気が予想されるロードカナロアは真ん中外目で絶好枠と言ってもいいのではないでしょうか。
先行争いを見ながら良いポジションをとれそうで、まともに走ればやはりこの馬が最有力ですね。

その他枠順で気になるのはグランプリボス。1枠1番と最内枠になりましたが、内田騎手がどう乗ってくるかですね。
1200は初めてとなりますが、マイルでのレースぶりやサクラバクシンオー産駒という事を考えれば全く無理という事はなさそうです。
内々の中団で溜めて直線前を捌ければ、という乗り方をしてくるか、ついていけるかは未知数の部分もありますが、包まれるのを嫌って前々で勝負してくる可能性もありそうです。
最内枠が良い方に出れば面白い存在ですね。

あとは7枠13番のサクラゴスペル。
こちらはもう少し内枠が欲しかったですね。中山では好成績を残していますし注目してみたい一頭ですが、外目の枠からどう乗ってくるか横山典騎手の手腕に期待です。

By

スプリンターズS登録馬18頭。ロードカナロア、ハクサンムーン、グランプリボスなど

9月29日(日)に行われるスプリンターズSの登録が行われ18頭が登録を行いました。
ロードカナロアやハクサンムーンは当然出てきますが、グランプリボスが出てくるようですね。
3歳馬はマイネルエテルネルがいます。

アウトクラトール
アドマイヤセプター
グランプリボス
サクラゴスペル
サドンストーム
サンカルロ
シルクフォーチュン
スギノエンデバー
ドリームバレンチノ
ハクサンムーン
パドトロワ
フォーエバーマーク
マイネルエテルネル
マジンプロスパー
マヤノリュウジン
ロードカナロア

以上が賞金上位の16頭。回避が出れば以下の2頭が出走可能です。

ニンジャ
エピセアローム

グランプリボスは父サクラバクシンオーという事もあり、いよいよ1200を使うか、という感じですね。
ただ安田記念以来となりますし、目標はやはりマイルCSでしょう。どこまで本気で使ってくるのか分かりませんが、楽しみではありますね。

By

セントウルSはハクサンムーンの逃げ切り。ロードカナロアはクビ差2着まで

セントウルS

1着 ハクサンムーン
2着 ロードカナロア
3着 ドリームバレンチノ

スプリント王ロードカナロアが安田記念以来となる復帰戦。単勝オッズは1.4倍と断然の人気を集めましたが、レースはハクサンムーンは逃げ切って勝利。ロードカナロアは好位から万全の体勢に見えましたがハクサンムーンを捕まえきれず2着となりました。

勝ったハクサンムーンはゲートがやや悪く少し遅れる形でしたが、他に行く馬がいなかった事もあり、少し押してすぐにハナを奪う形となりました。
前半3Fは33.8と開幕週のこの日の馬場を考えればやや緩めの流れに持ち込み、ロードカナリアが来るのを待ってからの追い出しもよかったですね。
高いスピードを持っているのは間違いありませんが、一本調子ではやはり勝てません。アイビスSDと今回のセントウルSでハクサンムーンの形はかなり完成されてきたと言えますね。
次はスプリンターズSとなりますが、CBC賞、アイビスSD、セントウルSと使ってきていますので、そのあたりは少し気になるところではあります。
あとは今回のスタート、外枠だった事で落ち着いて巻き返せましたが、内目の枠だった場合少し難しくなりそうですね。この馬のスピードがあれば多少ゲートは悪くても先行できますが、内で焦った場合はオーバーペースになる可能性はあります。逃げ馬ですが外枠の方が乗りやすいタイプかもしれませんね。

2着のロードカナロアは負けた事自体が問題になってしまうようなレベルの馬なんですが、内容としては悪くありませんでした。
1600の安田記念を使った事と休み明けでもう少し後方の位置取りになってしまうのではと思っていましたが、岩田騎手がスタートから押していくとすんなりと前へ行けました。見方によっては少し行きすぎたくらいかもしれませんね。
ハクサンムーンが想像以上によく走った事と、休み明け、斤量の差を考えればスプリンターズSの叩きとして考えるなら問題はなく、スプリンターズSの最右翼である事に変わりはないでしょう。
ただハクサンムーンも最後の1ハロンは11.8と落としていますので、ロードカナロアなら捕まえてほしかったという部分はありますね。

3着ドリームバレンチノはロードカナロアの後ろにつく形から完全に離されてしまいました。
スタート直後のマヤノリュウジンとのポジションの取り合いから、細かく出したり抑えたりとなんとなく落ち着かない競馬になってしまった感じはあるのですが、ちょっと離されすぎてるのは気になりますね。
スプリンターズSでもロードカナロアをマークする形では厳しくなりそうですが、ハクサンムーンをロードカナロアが意識して乗ることになりそうなので前に行っても厳しくなりそうです。どう乗ってくるか判断が難しくなりましたが、思い切って控えるという形もひょっとしたらあるのかもしれません。

By

ダッシャーゴーゴー、ツルマルレオンともに屈腱炎が判明。長期休養へ

セントウルSの予定を回避していたダッシャーゴーゴーは右前の屈腱炎が判明。全治9ヶ月以上という事です。
6歳のこの時期ですから、やはり引退という事になってしまうんでしょうか?
常に好走をしているとは言え、11年のCBC賞以来勝っていません。G1をとれる可能性も十分にあった馬ですから残念ですね。

現役を続行するかについてはまだ分かりませんが、種牡馬としてサクラバクシンオーの後継という意味ではこの馬もチャンスがありそうです。
現役G1馬のグランプリボスもいますが、あちらは母父サンデーという事もありますし、ダッシャーゴーゴーにも期待してみたくなりますね。
ショウナンカンプも種牡馬としてはかなり苦戦していますので厳しいのかもしれませんが、バクシンオーの血統は繋がっていってほしいですね。

また、北九州記念を制したツルマルレオンも右前の屈腱炎が判明。
重賞初制覇を果たしスプリンターズSを目指していただけに、ここでの故障は本当に残念です。

両馬とも屈腱炎ですから、ひとまずは先が見えない状況になってしまいますが、頑張ってほしいものですね。

1日の追い切り後、右前脚に熱感のあった重賞3勝馬ダッシャーゴーゴー(牡6=安田)は、4日の検査で右前脚浅屈腱炎が判明。13年北九州記念を制したツルマルレオン(牡5=橋口)も4日、右前脚浅屈腱炎を発症。いずれも9カ月以上の休養を要する見込み。
http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2013/09/04/kiji/K20130904006550020.html

By

ロードカナロア、セントウルSでいよいよ始動。見ておくべき点は?

昨年のスプリンターズSから5連勝でマイルの安田記念まで制したロードカナロアが今週のセントウルSから始動します。
セントウルSでよほどの事がない限りスプリンターズSでの1番人気はほぼ間違いありませんので、スプリンターズSを予想する上でロードカナロアの前哨戦は非常に重要なものになりますね。

ここ1年のレースを考えると、順調にきて能力を発揮できる状態であればやはりこの馬が抜けて強く、スプリンターズSでも中心の座は揺るがないという事になります。
まだ5歳ではありますが、その能力を維持、あるいはより強くなっているかというところに注目ですね。

キングカメハメハ産駒は元々ズブい馬が多いですが、年齢とともにより顕著に出てくる場合も多いです。
ロードカナロアも少しですがズブさを見せてきていていますし、前走はマイルの安田記念を使っています。
休み明けや斤量の分もあるので難しい判断にはなりそうですが、今回レースでどれくらいのズブさを見せるか、ここが今回の注目するべき点だと思っています。

メンバー的にはハクサンムーンの単騎逃げが濃厚で、極端に速くはならないと思われますが、それでも現役で1,2を争うくらいの速い逃げ馬ですし、舞台は阪神の開幕週。
ロードカナロアにとっては今回は前哨戦ですが、簡単に負けていい馬ではなりませんし、あまり前を楽に行かせたくない状況でどういうレースを見せてくれるかですね。
位置取りももちろん重要ですが、鞍上岩田騎手の思い通りに動いているか、岩田騎手の挙動にも注目しながら見ておきたいところです。

一応秋競馬の開幕ではありますが、まだまだ夏競馬の延長と考えて良く、過去のセントウルSも夏場に使っていた馬の好走が目立ちます。
実績的には断然ですが、取りこぼす可能性もないとは言えませんね。

また、ここでのロードカナロアのレース振り、特にズブさの部分に関してはスプリンターズSの展開予想にも大きく絡んでくるところなので、きっちりとチェックしておきましょう。

By

時計かかる函館、キーンランドCはフォーエバーマークの逃げ切り

キーンランドC

1着 フォーエバーマーク
2着 ストレイトガール
3着 シュプリームギフト

最内枠からハナを奪ったフォーエバーマークがそのまま逃げ切り重賞初制覇。

函館はかなり時計のかかる馬場になっていて、この日も稍重。勝ち時計は1.11.7という1200重賞としてはかなり遅い時計での決着となりました。
上位3頭も札幌、函館に実績のある馬が占め、スプリンターズSに向けてという意味ではどこまで参考にしていいのか難しいレースですね。

勝ったフォーエバーマークはすんなり行けた事も大きいですが、函館はこれで3勝目。函館SSでも0.1差の3着に好走していますし、父ファルブラヴからも洋芝は得意ですね。
この後は順調ならスプリンターズSとの事ですが、中山になって同型のハクサンムーンもいますので、展開は厳しくなりますね。更にロードカナロアというスプリント王がいますので勝ち負けとなるとちょっと厳しいですが、夏の好調を維持できていて前残りの馬場なら可能性は、といったところでしょうか。

2着ストレイトガールは6月に休養から戻った時はまだ500万。函館開催だけで(といっても今年は長いですが)ここまで上り詰めてきました。
レース間隔も詰めて函館で既に6戦していますので、この後は休養でしょうか。過去9回の連対全てが函館、札幌ですから、他場でどのような競馬を見せてくれるかですね。

3着シュプリームギフトも函館、札幌での好成績が目立ちます。そのコース適性に加えて今回は内を上手く突けました。
こちらもまだスプリンターズSでどうこうという段階ではありませんが、安定感は高く、重賞制覇のチャンスもあるかもしれませんね。

By

超ハイペースの北九州記念はツルマルレオンが差し切り勝ち

北九州記念

1着 ツルマルレオン
2着 ニンジャ
3着 バーバラ

1番人気のサドンストームが単勝5.4倍、10倍以下が5頭とかなり人気が割れる形となった北九州記念はツルマルレオンが中団後方から外に出して差し切り勝ち。初の重賞制覇となりました。

逃げたアイラブリリが前半3Fを32.2というペースで入るかなりのハイペースになった事もあり、ゴール前で一気に順位が入れ替わる差し馬決着となりました。
展開と位置取りによってやる度に結果が替わりそうなレースで、なかなか評価は難しいところですが、ツルマルレオンの末脚は目立ちましたね。
今後はセントウルSからスプリンターズSを目指すようですが、スプリンターズSとなるとロードカナロアもいますし、かなり展開の助けがないと、というのが現状での正直なところでしょうか。
2着ニンジャも今回は53kgでしたし、これからどこまで力をつけていけるかという段階です。

3着のバーバラは今回は少し控える形。外枠だった事もありましたが、このペースでは控えて正解でしょう。
ツルマルレオン、ニンジャには差されましたが、なかなか良い競馬ができたのではないでしょうか。この馬も先が楽しみなこれからな一頭ですね。

By

2001年以降のスプリンターズステークス結果

2012年 良

馬名 性齢 騎手 着差 人気
1 8 16 ロードカナロア 牡4 岩田康誠 1:06.7 2
2 7 14 カレンチャン 牝5 池添謙一 3/4 1
3 2 3 ドリームバレンチノ 牡5 松山弘平 クビ 9

2011年 良

馬名 性齢 騎手 着差 人気
1 5 10 カレンチャン 牝4 池添謙一 1:07.4 3
2 2 3 パドトロワ 牡4 安藤勝己 1 3/4 9
3 7 14 エーシンヴァーゴウ 牝4 福永祐一 ハナ 7

2010年 良

馬名 性齢 騎手 着差 人気
1 4 7 ウルトラファンタジー 騸8 H.ライ 1:07.4 10
2 7 14 キンシャサノキセキ 牡7 四位洋文 ハナ+1 1/4 3
3 2 3 サンカルロ 牡4 吉田豊 1/2 7

2009年 良

馬名 性齢 騎手 着差 人気
1 7 13 ローレルゲレイロ 牡5 藤田伸二 1:07.5 6
2 5 9 ビービーガルダン 牡5 安藤勝己 ハナ 2
3 6 12 カノヤザクラ 牝5 小牧太 1 1/4 8

2008年 良

馬名 性齢 騎手 着差 人気
1 7 14 スリープレスナイト 牝4 上村洋行 1:08.0 1
2 8 15 キンシャサノキセキ 牡5 岩田康誠 1 1/4 2
3 7 13 ビービーガルダン 牡4 安藤勝己 クビ 6

2007年 不良

馬名 性齢 騎手 着差 人気
1 4 7 アストンマーチャン 牝3 中舘英二 1:09.4 3
2 3 6 サンアディユ 牝5 川田将雅 3/4 1
3 1 1 アイルラヴァゲイン 牡5 松岡正海 クビ 5

2006年 良

馬名 性齢 騎手 着差 人気
1 7 13 テイクオーバーターゲット 騸7 J.フォード 1:08.1 1
2 2 4 メイショウボーラー 牡5 福永祐一 2 1/2 10
3 1 2 タガノバスティーユ 牡3 勝浦正樹 クビ 16

2005年 良

馬名 性齢 騎手 着差 人気
1 7 13 サイレントウィットネス 騸6 F.コーツィー 1:07.3 1
2 2 4 デュランダル 牡6 池添謙一 1 1/4 2
3 6 12 アドマイヤマックス 牡6 武豊 1/2 3

2004年 不良

馬名 性齢 騎手 着差 人気
1 3 5 カルストンライトオ 牡6 大西直宏 1:09.9 5
2 1 1 デュランダル 牡5 池添謙一 4 2
3 6 12 ケープオブグッドホープ 騸6 B.プレブル クビ 8

2003年 良

馬名 性齢 騎手 着差 人気
1 5 8 デュランダル 牡4 池添謙一 1:08.0 5
2 6 11 ビリーヴ 牝5 安藤勝己 ハナ 1
3 7 13 アドマイヤマックス 牡4 武豊 1 1/4 2

2002年 良

馬名 性齢 騎手 着差 人気
1 4 4 ビリーヴ 牝4 武豊 1:07.7 1
2 7 9 アドマイヤコジーン 牡6 後藤浩輝 1/2 3
3 8 11 ショウナンカンプ 牡4 藤田伸二 クビ 2

2001年 良

馬名 性齢 騎手 着差 人気
1 4 4 トロットスター 牡5 蛯名正義 1:07.0 4
2 2 2 メジロダーリング 牝5 田中勝春 クビ 3
3 7 9 ダイタクヤマト 牡7 江田照男 ハナ 2