スプリンターズS予想

スプリンターズS予想に関する情報(攻略、予想等)を集めています。

By

スプリンターズSはロードカナロアの連覇。次走で引退へ

スプリンターズS

1着 ロードカナロア
2着 ハクサンムーン
3着 マヤノリュウジン

単勝オッズ1.3倍と圧倒的な支持をされたロードカナロアが貫禄の勝利。高松宮記念、安田記念に続いて今年G1、3勝目。昨年のスプリンターズSから1200のG1は三連勝となりました。
この成績は近年のスプリンターとしては最高レベルで、時代が違う馬を安易に比較はできませんが、スプリンターの代名詞でもあるようなサクラバクシンオーや、マイルも含めればタイキシャトルとも肩を並べるところまできています。

今後はマイルCSか香港スプリントあるいはマイルで引退という事のようですね。
勝利で引退を飾ってほしいのはもちろんですが、それよりもまずは無事に種牡馬入りしてもらいたいです。
サンデーサイレンスの血が入っていませんし、サクラバクシンオー亡き後のスプリント種牡馬の代表となっていくのか、種牡馬としては距離の融通が効くようになるのか、そもそも成功するのかもやってみなければ分かりませんが、種牡馬としても非常に楽しみな存在です。

2着に敗れたハクサンムーンですが、今回はスタートが決まり、心配された先行争いを完全に制する形になりペースは速いものの自分のレースができました。
本当に今年のこの馬の成長は著しく、中山1200でこのレースが出来るのならば、ロードカナロアが抜けた後のスプリント戦線はやはりこの馬が中心になっていきそうですね。
絶対的なスピード能力の高さも見せつけましたし、まだ成長するようなら手がつけられない存在になりそうです。
ロードカナロアとはタイプが違う、これでもかとスピードを見せつけるタイプの絶対的なスプリンターも見てみたいですね。

3着マヤノリュウジンは15番人気の低評価ながらいい競馬を見せました。
枠順含め位置取りや展開がかなりうまくいった分はあると思いますが、ハイペースで最後がきつい流れになった時にひと踏ん張りが効くようなイメージでしょうか。
そういうタイプはなかなか勝ち切れない事も多いですが、この馬は今後の重賞戦線でどういう競馬を見せてくれるのでしょうか。6歳ですがキャリアからはまだまだ面白そうですね。

By

セントウルSはハクサンムーンの逃げ切り。ロードカナロアはクビ差2着まで

セントウルS

1着 ハクサンムーン
2着 ロードカナロア
3着 ドリームバレンチノ

スプリント王ロードカナロアが安田記念以来となる復帰戦。単勝オッズは1.4倍と断然の人気を集めましたが、レースはハクサンムーンは逃げ切って勝利。ロードカナロアは好位から万全の体勢に見えましたがハクサンムーンを捕まえきれず2着となりました。

勝ったハクサンムーンはゲートがやや悪く少し遅れる形でしたが、他に行く馬がいなかった事もあり、少し押してすぐにハナを奪う形となりました。
前半3Fは33.8と開幕週のこの日の馬場を考えればやや緩めの流れに持ち込み、ロードカナリアが来るのを待ってからの追い出しもよかったですね。
高いスピードを持っているのは間違いありませんが、一本調子ではやはり勝てません。アイビスSDと今回のセントウルSでハクサンムーンの形はかなり完成されてきたと言えますね。
次はスプリンターズSとなりますが、CBC賞、アイビスSD、セントウルSと使ってきていますので、そのあたりは少し気になるところではあります。
あとは今回のスタート、外枠だった事で落ち着いて巻き返せましたが、内目の枠だった場合少し難しくなりそうですね。この馬のスピードがあれば多少ゲートは悪くても先行できますが、内で焦った場合はオーバーペースになる可能性はあります。逃げ馬ですが外枠の方が乗りやすいタイプかもしれませんね。

2着のロードカナロアは負けた事自体が問題になってしまうようなレベルの馬なんですが、内容としては悪くありませんでした。
1600の安田記念を使った事と休み明けでもう少し後方の位置取りになってしまうのではと思っていましたが、岩田騎手がスタートから押していくとすんなりと前へ行けました。見方によっては少し行きすぎたくらいかもしれませんね。
ハクサンムーンが想像以上によく走った事と、休み明け、斤量の差を考えればスプリンターズSの叩きとして考えるなら問題はなく、スプリンターズSの最右翼である事に変わりはないでしょう。
ただハクサンムーンも最後の1ハロンは11.8と落としていますので、ロードカナロアなら捕まえてほしかったという部分はありますね。

3着ドリームバレンチノはロードカナロアの後ろにつく形から完全に離されてしまいました。
スタート直後のマヤノリュウジンとのポジションの取り合いから、細かく出したり抑えたりとなんとなく落ち着かない競馬になってしまった感じはあるのですが、ちょっと離されすぎてるのは気になりますね。
スプリンターズSでもロードカナロアをマークする形では厳しくなりそうですが、ハクサンムーンをロードカナロアが意識して乗ることになりそうなので前に行っても厳しくなりそうです。どう乗ってくるか判断が難しくなりましたが、思い切って控えるという形もひょっとしたらあるのかもしれません。

By

時計かかる函館、キーンランドCはフォーエバーマークの逃げ切り

キーンランドC

1着 フォーエバーマーク
2着 ストレイトガール
3着 シュプリームギフト

最内枠からハナを奪ったフォーエバーマークがそのまま逃げ切り重賞初制覇。

函館はかなり時計のかかる馬場になっていて、この日も稍重。勝ち時計は1.11.7という1200重賞としてはかなり遅い時計での決着となりました。
上位3頭も札幌、函館に実績のある馬が占め、スプリンターズSに向けてという意味ではどこまで参考にしていいのか難しいレースですね。

勝ったフォーエバーマークはすんなり行けた事も大きいですが、函館はこれで3勝目。函館SSでも0.1差の3着に好走していますし、父ファルブラヴからも洋芝は得意ですね。
この後は順調ならスプリンターズSとの事ですが、中山になって同型のハクサンムーンもいますので、展開は厳しくなりますね。更にロードカナロアというスプリント王がいますので勝ち負けとなるとちょっと厳しいですが、夏の好調を維持できていて前残りの馬場なら可能性は、といったところでしょうか。

2着ストレイトガールは6月に休養から戻った時はまだ500万。函館開催だけで(といっても今年は長いですが)ここまで上り詰めてきました。
レース間隔も詰めて函館で既に6戦していますので、この後は休養でしょうか。過去9回の連対全てが函館、札幌ですから、他場でどのような競馬を見せてくれるかですね。

3着シュプリームギフトも函館、札幌での好成績が目立ちます。そのコース適性に加えて今回は内を上手く突けました。
こちらもまだスプリンターズSでどうこうという段階ではありませんが、安定感は高く、重賞制覇のチャンスもあるかもしれませんね。

By

超ハイペースの北九州記念はツルマルレオンが差し切り勝ち

北九州記念

1着 ツルマルレオン
2着 ニンジャ
3着 バーバラ

1番人気のサドンストームが単勝5.4倍、10倍以下が5頭とかなり人気が割れる形となった北九州記念はツルマルレオンが中団後方から外に出して差し切り勝ち。初の重賞制覇となりました。

逃げたアイラブリリが前半3Fを32.2というペースで入るかなりのハイペースになった事もあり、ゴール前で一気に順位が入れ替わる差し馬決着となりました。
展開と位置取りによってやる度に結果が替わりそうなレースで、なかなか評価は難しいところですが、ツルマルレオンの末脚は目立ちましたね。
今後はセントウルSからスプリンターズSを目指すようですが、スプリンターズSとなるとロードカナロアもいますし、かなり展開の助けがないと、というのが現状での正直なところでしょうか。
2着ニンジャも今回は53kgでしたし、これからどこまで力をつけていけるかという段階です。

3着のバーバラは今回は少し控える形。外枠だった事もありましたが、このペースでは控えて正解でしょう。
ツルマルレオン、ニンジャには差されましたが、なかなか良い競馬ができたのではないでしょうか。この馬も先が楽しみなこれからな一頭ですね。