スプリンターズSはロードカナロアの連覇。次走で引退へ

スプリンターズS

1着 ロードカナロア
2着 ハクサンムーン
3着 マヤノリュウジン

単勝オッズ1.3倍と圧倒的な支持をされたロードカナロアが貫禄の勝利。高松宮記念、安田記念に続いて今年G1、3勝目。昨年のスプリンターズSから1200のG1は三連勝となりました。
この成績は近年のスプリンターとしては最高レベルで、時代が違う馬を安易に比較はできませんが、スプリンターの代名詞でもあるようなサクラバクシンオーや、マイルも含めればタイキシャトルとも肩を並べるところまできています。

今後はマイルCSか香港スプリントあるいはマイルで引退という事のようですね。
勝利で引退を飾ってほしいのはもちろんですが、それよりもまずは無事に種牡馬入りしてもらいたいです。
サンデーサイレンスの血が入っていませんし、サクラバクシンオー亡き後のスプリント種牡馬の代表となっていくのか、種牡馬としては距離の融通が効くようになるのか、そもそも成功するのかもやってみなければ分かりませんが、種牡馬としても非常に楽しみな存在です。

2着に敗れたハクサンムーンですが、今回はスタートが決まり、心配された先行争いを完全に制する形になりペースは速いものの自分のレースができました。
本当に今年のこの馬の成長は著しく、中山1200でこのレースが出来るのならば、ロードカナロアが抜けた後のスプリント戦線はやはりこの馬が中心になっていきそうですね。
絶対的なスピード能力の高さも見せつけましたし、まだ成長するようなら手がつけられない存在になりそうです。
ロードカナロアとはタイプが違う、これでもかとスピードを見せつけるタイプの絶対的なスプリンターも見てみたいですね。

3着マヤノリュウジンは15番人気の低評価ながらいい競馬を見せました。
枠順含め位置取りや展開がかなりうまくいった分はあると思いますが、ハイペースで最後がきつい流れになった時にひと踏ん張りが効くようなイメージでしょうか。
そういうタイプはなかなか勝ち切れない事も多いですが、この馬は今後の重賞戦線でどういう競馬を見せてくれるのでしょうか。6歳ですがキャリアからはまだまだ面白そうですね。